医師のことを知っていますか

将来医師になりたいという人は、日本での場合まずは日本の大学の医学部を卒業することが前提となります。そして大学の医学部で医療に関連する知識や必要な技術を学んで、日本の医学部を卒業した後、今度は日本の医師国家試験を受験することになります。それに合格すると医師免許を取得できます。医師は国家資格であり、そうして国家試験に合格することによって初めて医師となれるのです。
医師は国家資格であると書きましたが、そのことは法律でも規定されています。日本には「医師法」と呼ばれる法律があり、その中で医師の資格を規定し、医師という仕事についての根拠が為されています。ここでは簡単にその医師法の条文を引用してみます。医師法の第17条を見ると「医師でなければ、医業をなしてはならない。」とあります。当たり前のことのように思えますが、医師の資格を持った者でなければ医師の仕事をしてはならず、これに違反した者は法律によって罰せられることになります。
ところで現在はだんだんそうでなくなりつつありますが、古くは医療行為は医師のみで行われてきました。このように書くとわかりにくいかもしれませんが、現在の医療、特に大型の総合病院での医療行為は医師一人だけによって行われるのではなく、看護士や看護婦、薬剤師やそれ以外の専門家の集団で、チームとして行われることが多くなっています。医師はそのチームの中心であり、司令塔です。医師の指示によってスタッフがそれぞれ動き、患者に対する治療行為が行われています。現在の病院による医療行為はこのような流れになりつつあるのですが、現在でも特に離島や過疎地等、医療に関するハード面での条件が充分でない地域での病院や医療施設の場合、特に軽症の患者に対しては医師一人だけで多くの診療科に対する医療行為を完結させる必要があります。実は「医師」の資格では、全ての医療行為が完結できなければならないことになっています。従って少なくとも法律上は、「医師」が例えば「検査ができない」「レントゲンが撮れない」「看護ができない」等といったことはありません。私達が一般に病院で見かける仕事や作業の全てを、医師はできなければいけない、ということに法律上ではなっているのです。実際に先に挙げたように特に過疎地や僻地の病院や医療施設では、これらの業務を医師が行っているけーすも多々あるのです。

ですが現在の医療は専門化、及び細分化が進んでいます。従って一人の医師だけが患者の対して、治療に必要な全ての業務、作業を賄うのは実質不可能と言ってよいでしょう。もしできたとしても、医師とて人間です。一人の力では自ずと限界があります。一人の医師が治療に関する全ての業務、作業を行っていたのでは、医療業務の質の低下が懸念されることになります。従って医師以外の資格者も法によって許可されている範囲での医療行為を行い、それによって各自が分業、分担して作業を行うケースが増えています。いわば医師を中心としたチームで治療行為を行うということです。それぞれの専門化がそれぞれの領域において専門的な作業を行うことで、より専門的な医療を提供することができます。医師も本来の診察、治療行為により専念することができます。先にも書いたように、この場合医師はスタッフ達を束ねる立場で、それぞれの専門家に指示を与えて作業をさせる、いわば司令塔の役割を担うことになります。事実、医師が病院を開業しようとする場合、一定数の看護師や薬剤師等を配置しなければなりません。看護婦や薬剤師の仕事は医師ではなく、それらの専門スタッフに任せることになります。医師だけで病院を開設することは実質無理だと言っていいでしょう。

pickup




小学生向けの無料公開模試を行っています


小学生 模試




Last update:2019/3/19

Copyright (C) 2008 医師や看護師のことを知ろう. All Rights Reserved.