保険の話

医療について語る上で、保険を抜きにして語ることはできません。例えば私達が病院に行くときは、保険証が不可欠です。もしこの保険証がなかったら、私達がかなり大きな金額の診断料、診察料を自分で負担しなければなりません。従って私達が自らの健康について考えるとき、保険は非常に重要な一部分を担っているといってもいいでしょう。恐らく最近は保険に関する話題がニュースにならない日は殆どないのではないでしょうか。特に現在の日本は本格的な高齢社会を迎えています。国民の福祉の充実のためには保険制度の整備は欠かせません。ですが高齢社会の到来によって国の予算も限られ、保険の財源に関しては常に懸念が指摘されています。というわけでいろいろな意味で保険に関心を持つ人が増えているのではないでしょうか。病気になったとき、或いは年をとって働けなくなってからも、お金は必要です。そのときにはどうするのか、お金が必要になったときの財源はどうするのか、といった問題は私達が常に関心を寄せている問題です。ここでは医療と保険の問題について考えてみたいと思います。
先に紹介したように、医療と保険は気っても切り離せない関係にあります。そして国家の保険制度は国の政策や予算とも関わってきます。残念ながら現在の日本の保険制度は課題が山積みと言ってもいいでしょう。国の予算の逼迫ぶり、そして高齢社会の到来が日本の保険制度の将来を不安なものにしている、と言ってもいいでしょう。

Favorite

白の家具を紹介しています

ブラインド内蔵サッシ

企業内保育園のおすすめを紹介してます

Last update:2019/7/26



Copyright (C) 2008 医師や看護師のことを知ろう. All Rights Reserved.