介護の話

高齢社会と書きましたが、それを語る上でもう一つ見落とせないのが介護の問題です。高齢社会の到来によって、介護を必要とする老人が増えています。こうした介護を必要とする人達にどのように介護サービスを提供するのか、その財源はどうするのか、万が一私達や或いは私達の家族が介護サービスを必要とするようになったとき、その保険はどうなるのか、といった問題に取り組み、解決していかなければなりません。
保険、及び介護について簡単に触れてきましたが、当然のことながら医療業界にとってもこうした介護、保険、及びそれらを取り巻く社会情勢とは無縁ではいられません。現在の病院はどちらかというと、医師や看護婦が大勢いて入院患者や外来の患者に対して医療サービスを提供するところといった位置づけをされることが多くなっています。ですが病院のベッド数にも自ずと限りがあり、またこれからは病院に通うのが大変な老人の患者、何より介護を必要とする患者が増えてくることは充分に予想されます。これからの病院は従来の治療サービスのみならず介護サービス、そして介護サービスを含めた総合生活サービスといった概念が要求されるようになるであろうことが予想されます。そこでここではいま一度介護そして介護保険と医療について考えていくことにします。
遡って2000年4月に介護保険が導入されました。介護保険について皆さんはご存知でしょうか。皆さんも医療保険についてはよくご存知かと思います。ですが介護保険については、身内や身近な人にそれに該当する人でもいない限り、皆さんにもまだピンとこないかもしれません。ですがこの介護保険は医療保険と同様、今後の私達の健康及び生活に大きな影響を与えるといってもいいかと思います。介護保険は医療保険と違って、誰でも加入できるものではありません。介護保険に加入し、介護が必要となったときのその保険金を利用して介護サービスを受けたいという場合には一定の手続きを踏む必要があります。それが医療保険との大きな違いなのですが、その違い、及び介護保険の申請の仕方については別に稿を譲るとして、ここでは介護保険の簡単なあらましについて紹介します。
介護保険が導入された、その大きな目的には、従来は別々に供給されていたサービスである医療、福祉、保護の統合があります。医療界をとって見ても、これまでは医療保険の施設であった老人保健施設が、介護保険が導入された後には介護保険対応の施設になった、等の変化があります。

Valuable information


グローバルWiFi



誹謗中傷対策できる弁護士事務所をまとめています


2019/6/4 更新

Copyright (C) 2008 医師や看護師のことを知ろう. All Rights Reserved.